妊婦の方の胃痛について

妊娠して、胃が痛くなったという妊婦の方も多いでしょうが、どうして妊婦の多くの方は胃痛で悩まされるのでしょうか?

そもそも、胃痛は多く出過ぎた胃酸により胃の粘膜が炎症を起こし、痛みを感じます。

胃酸の出過ぎは、ストレス、飲みすぎ、食べ過ぎが知られています。

それが、原因の妊婦の方もいるでしょうがおそらく原因は他にあるのではないでしょうか?

それは、妊娠によって胎児がいる子宮が徐々に大きくなることにより、胃が圧迫されるからです。

胃が圧迫されてしまうと、妊娠前と同じような食事の仕方でも、一度に多く取り過ぎの状態になっていたりして、胃痛・胸やけ・げっぷの症状が出てきてしまいます

対策として、一度に食事を多く摂らない、出来る限り消化の良い食べ物を摂るが考えられますね。

また、多くの妊婦の方は体勢を変えることにより圧迫を軽減しているようです。

妊婦の方の胃痛の原因パート2

1.黄体ホルモン(プロゲステロン)により胃腸の働き弱体

2.自律神経により、胃酸過多

妊娠するとホルモンバランスや自律神経は普段と変わった動きをします。

女性ホルモンの1つの黄体ホルモン(プロゲステロン)は増加します。

黄体ホルモンとは??

色々と役割はありますが、子宮を妊娠の準備をするように変化させたり、流産防止にも関わってくるホルモンです。

しかし、胃酸の逆流を防ぐ弁の働きも弱くなってしまいます。

これにより、胃酸の逆流を招いてしまいます。

また、妊娠時期は交感神経と副交感神経の自律神経のバランスが悪くなり、胃酸が多く出てしまいます。

このバランスのくずれにより、めまいや耳鳴り、動悸、息切れ、肩こり、不眠、腰痛、便秘、胃痛、腹痛、食欲減退、不信感、不安感、イライラ、やる気が出ない、悲しくなるなど妊婦の方は特にマタニティブルーと呼ばれる精神面のトラブルなども引き起こすこともあります。

対策として、リラックスし、ストレスを溜めず、バランスの良い食事、適度な運動(ウォーキングなど)、十分な睡眠をとり、規則正しい生活を送ることでしょう

Copyright © 妊娠中の便秘には健康食品が安心 All rights reserved